歯をきれいにするために…


PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning) -歯の徹底的なクリーニング
 
歯磨きをどんなに頑張っても歯の表面には汚れが付着してきます。タバコやコーヒー、お茶、ワイン、カレーライスなども歯を汚します。当医院では歯の表面を徹底的にクリーニングすることによって歯の輝きを取り戻します。また歯肉の下のプラークも同時に取り除きますから、歯周病や虫歯の予防にも効果があります。担当の歯科衛生士が専用の機器、器具、ペーストを使用してクリーニングを行います。
 


ホワイトニング
健康な歯を削らずに歯を白くする方法、それがホワイトニングです。ホワイトニングには大きく分けてオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2つがあります。
 
 

 
 



e-Maxクラウン・インレイ
前歯、奥歯両方とも適用できる、オールセラミックスクラウンです。色調のレベルも高く強度も優れていますが、現時点では大きなブリッジなどには適用できません。また歯自体が強く変色している場合なかの色が出るので適用出来ない場合もあります。 
 

 

 

 


 

ジルコニアクラウン
ジルコニアは強度のあるセラミックスです。奥歯など金属が入っていたり、大きなむし歯になっていた場合、銀の材料では抵抗がありますよね。ジルコニアは強度があり歯に近い色ですので奥歯を白くしたい場合にお勧めです。ただe-Maxやジルコボンドクラウンに比べ透明感が無く自然感が少し不足します。
 
 


ファイバーポスト
被せ物に使われる土台です。神経の治療をした歯は強度が大きく低下し破折しやすくなります。これを防ぐために多くの場合金属の土台を入れその上に被せる治療法が行われてきました。この方法は歯肉が変色したり(メタルタトゥ)、硬すぎる為に歯に負担がかかり強い力が加わった場合に破折しやすいという弱点があります。またオールセラミックスを被せた場合、金属の色が透過して本来のオールセラミックスクラウンの色を出すことができません。ファイバーポストは歯と同じ弾力性があり、色が白くオールセラミックスクラウンと相性が良い歯の負担が少ないです。  


ラミネートベニア
歯を白くする方法としてはホワイトニングがありますが、この方法は色の後戻り現象があり定期的に再治療やメインテナンスが必要になったり、期待した効果が出ない場合もあります。ラミネートベニアはセラミックスの薄いシェルを歯に貼付けることによって色や形を改善しなおかつ歯のダメージを可能な限り少なくできる優れた方法なのです。


セレックアルティメット[保険適用]
小臼歯だけですが保険でできる治療になりました。前歯、奥歯両方とも適用できる、セラミックスの美しさとレジンの衝撃吸収性の両方の良さをあわせ持つ、CAD/CAMハイブリッドセラミックス。
 

 
 



ブライダルエステ
人生で大事な機会にステインなどで歯がくすんでいないように、徹底的に歯をクリーニングして最高の笑顔を作りましょう。詳しくは受付、歯科衛生士にお問い合わせ下さい。