オリオン歯科クリニック
ホームページです


オリオン歯科クリニックは皆様の健康と快適な生活を維持するためにお役にたてることを第一の目標に、歯の治療だけではなく、再発や歯のダメージを少なくするために予防を中心に据えた定期的な管理を皆様にお勧めしています。

歯科から健康を御提案します。
 

ご予約、お問い合わせはこちらをクリック
0172-33-0418 
0120-380-503
 oriondental@mac.com 

審美歯科

審美歯科
歯を美しくしたい方のために

 
かみ合わせ

噛み合わせ
あなたのその症状は噛み合わせから来ているかも?

 
マタニティ歯科

マタニティー
マイナス1歳からのむし歯予防

 
 
むし歯予防

むし歯予防
むし歯予防を発想から変える

 
 
 
歯周病

歯周病予防
歯と健康を守る為の歯周病予防

 
矯正歯科 歯並び 子供

矯正
早期治療で正常発育へ

 

基本セット(ピンセット、ミラー、短針など)や歯を削る機器はすべて滅菌し滅菌パックで保存しています。


滅菌


汚染された可能性のあるものは強い殺菌性のある次亜塩素酸水にて洗浄します。




次亜塩素酸水


ゴム手袋、紙コップやエプロン、注射針はすべて使い捨てです。院内感染を引き起こす使用済みの消耗品の使い回しは絶対行われるべきではありません。

使い捨て


空気や壁をオゾンで殺菌し、口腔外バキューム、空気清浄機で飛び散った汚染物質やバイ菌を強制的に排除して診療室のクリーン環境を維持しています。

クリーン


注射針を刺す位置に予め表面麻酔を塗布し、痛みの原因となる圧力がかからない電動麻酔器を使用します。低圧、低い速度で麻酔液を注入できるので痛くありません。

無痛麻酔


セレックシステム

コンピュータで型どり、コンピュータでセラミックスを作製

最先端の3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)し、患部の歯列をモニター上に再現。そのあとはコンピュータの3D画面上にて修復物を設計し、ミリングマシンがデータをもとにセラミックスの被せ物(クラウン)を作製します
 
デジタルレントゲン、歯科用CT

歯科用CTをアップデートいたしました.

多くの症例が高解像度に

CT撮影では従来機種をOP300という機種に置き換えました.全顎的な治療においてはCT撮影を外部の病院に委託して 患者さんにご不便をおかけしていましたが、ほとんどの症例で院内での撮影が可能となりました.骨の状態だけではなく歯根や顎関節の撮影もより高精細になりより詳しい診断が可能となりました.

 
 

new!
口臭サロンを開設しました。


日本人の5人に1人が口臭に悩んでいると言われています。口臭は身近な症状でありながら以外に対処法が知られていません。口臭の原因は他のお口や全身の病気と密接に関わっている可能性があります。詳しく口臭というものを知って頂くために口臭サロンを開設しました。

口臭の他に口がネバネバする、乾く、口が苦い、酸っぱいなどのお口の不安感覚が気になる方もアクセスしてみて下さい。

口臭サロン
口臭

口臭が気になる方に

地図(アクセス)

 

住所

青森県弘前市元寺町35

 FAX : 0172-33-0418

 

 

下土手町から一番町の坂を上ってください.信号を右に曲がりしばら進むと右側に看板が見えてくると思います。コンビニのサンクスさんの向いです。ライブハウスのマグネットの一階です。
※駐車場は診療所前、後ろにもあります。

 

オリオン歯科クリニックマップ

弘前公園の近く ファミリーマート弘前公園店の向です。


 
ミニマムインタベーション
スコープ
位相差顕微鏡



ミニマムインタベーション
いま,早期発見/早期治療という考かたは変わりました.穴があいていない着色段階では徹底した予防と食生活の改善によって回復や現状維持ができることがわかっています.当医院では可能な限り初期ウ蝕を削らず,治療が必要な場合でも削る量をできるだけ少なくできる ミニマムインタベーションを実践しています.ただし,進行したむし歯やすでに広範囲に治療されている歯にはこれを適用できないことが多いのです.早期発見のために定期検診が必要な理由がおわかりですね. 定期検診で 早期発見/早期予防を心がけてください。また、いままでは神経をとらなければならなかった深いむし歯も 3Mix法などで神経を保存できるケースもあります。歯は神経を取ることによって弱くなる、むし歯になりやすい、割れやすくなるなど歯にとっては大変なダメージになりますから、神経を取らないことが最高のミニマムインタベーションになります。
  クリックで拡大


確実な治療を目指して-スコープ

スコープを使用して治療する事が多くなりました。よくテレビでお医者さんが手術中につけているあれですね。口の中が数倍拡大されて見えますからかなり正確に治療出来ます。精密さが要求されるシビアなケースなんか飛躍的に正確に治療ができますね。長く使ってるとさすがに疲れますけどね。
歯を抜くのも簡単なケースとかなり難渋するケースもありますが、難しい場合は我々は「難抜」といい、抜歯に時間がかかって、大変な状態になることを業界用語で「難ばった」といいます。多くの場合は歯と骨の間の細い隙間がぐちゃぐちゃになって見つけられないのが原因でその隙間に器具を入れられるかが抜歯がうまくいくポイントで、ここに抜歯器具がうまく入るとよっしゃ!っていうことになるんですが、奥歯の場合暗くて小さくてかなりそれが難しい。ライト付き拡大鏡を使用するとほんとここが簡単に見つけることができるので難抜になることがあまり無くなりました。歯の根の治療もかなり細かい作業が必要な時も重宝します。

なにより、スコープを使うことでスポットで削ることができるようになったので余計な部分を削らなくても済むので歯に優しい治療、つまりミニマムインタベーションを実行する強力な武器になります。



 ダイアグノデント ペン

全く治療されていないきれいな歯(バージンティース)が初期むし歯になった場合治療が必要かどうかの判断はいつも迷いまはんす.きれいな歯はかのうな限り削らないで予防したいものです.見た目だけで判断するのはかなり困難なのです.ダイアグノデント ペンは治療をするべきか予防で経過を見るべきかを数値で判断できる優れた機器です.これにより可能な限り削らない治療という方針をさらに確実なものとなります.




クリックでムービー


位相差顕微鏡で歯垢の中の細菌を見てみましょう
歯に付着する歯垢(プラーク)は一般的には食事のあとの食べかすと思われがちですが、実を言うとこれは歯周病菌やむし歯菌の集合体です。ネバネバするのはそのばい菌が生産する糖で出来たものです。ほんの直径1ミリ程度の歯垢にも数億もの細菌がいると言われています。その数や種類は人によって様々ですが歯周病が進行した方はさまざまな歯周病菌がいますし、むし歯が多い方はむし歯菌が多いのです。
経験的に言うと顕微鏡で歯垢を覗くとおおよその傾向が把握できます。ほとんどの患者さんにご自分の歯垢の顕微鏡像を見ていただいて、現状とその対処方をご説明しています。





患者さんの全ての情報をデンタルXで入力管理し
正確な診断や診療、治療に役立てています。
情報の管理は堅牢なOSであるMacOSXFileVaultで
セキュリティの管理がなされています。

 

ご自由に資料をダウンロードできます。ご活用下さい。

 

  1. LinkIcon大人問診表.pdf

    前もって記入して時間の節約しましょう。

  2. LinkIconこども問診表.pdf

    前もって記入して時間の節約しましょう。

  3. 妊産婦さんへ.pdf

    妊婦さんはぜひお読み下さい。

随時増やして行きたいと思ってます。